こだわりのホルスタイン堆肥をもとめて ~高岡市福岡町 山本牧場~

中川雅貴 高岡市福岡町 山本牧場

 キャベツ畑に使う牛糞堆肥をいただきに、福岡町栃丘にある山本牧場にやってきました。

 

 山本牧場は3代続く肉牛の肥育農家で、F1とホルスタインを合計400頭肥育しています。

場所は花尾カントリークラブの近くで、自然豊かな山のなかにあります。

 

 

 

 自分で取りに来るなら500円でいいよーといってくれたので、軽トラ一杯分いただきました。

ホルスタイン堆肥

 もらってきた堆肥は手作業で撒きます。

 マニュアスプレッダーを持っていれば、あっという間に終わるのかもしれませんが、ウチにはないのでスコップで撒きます。

 

 均一に撒けるように、事前準備として畑に肥料の山を30個つくりました。

 

ホルスタイン堆肥

 だいたい等間隔で山を準備できたら、あとはスコップでバラけるように撒いていきます。

 

3人で作業しましたが、なかなかの重労働。

 同時に苦土石灰も散播しているのですが、こちらは背負式の動力散布機で撒いたのでまだ楽でした。

 

 

ホルスタイン堆肥

 大麦あとのほ場なので、窒素過多にならないように標準よりも少なめ(400kg/10a)にして撒きました。

 

 このあと、ロータリーをつけたトラクターでいつもの3倍くらいかけてじっくりと耕起しました。

 よい土になってくれるといいですね。

高岡市福岡町 山本牧場

 さて、時系列的にはこっちのほうが先なのですが、

 

 堆肥を貰いに行った前日に、山本牧場を見学させてもらったときの様子もちょっと紹介します。

 

  お忙しい中、説明してくださった山本さん兄弟。HITSとジュンブレンド会でいつもお世話になっています。

高岡市福岡町 山本牧場

 こちらは生後1ヶ月未満の生まれたての子ウシ。

 繁殖農家さんから運ばれてきたばかりです。

 

 小さいうちは個別のゲージで育てられます。赤ちゃん用のベッドみたいな感じでしょうか?

高岡市福岡町 山本牧場

 ちょっと大きくなると集団生活になります。

 突然おじゃました我々を警戒しているのか、ぬーーーっと顔を出して一斉に見つめてきます。

高岡市福岡町 山本牧場

 牛舎の中は月齢別に分けられ、肥育されています。

 

 生後3ヶ月くらいでもかなり大きいので成長の速さにおどろきます。

高岡市福岡町 山本牧場

黒一色なのがF1、白黒なのがホルスタイン(オス)です。

 

ホルスタインは乳牛として有名ですが、食肉用の品種ではないため、オスは肉牛として育てても値段が安く、

現在のほとんどの肉牛農家さんでは取り扱っていないそうです。

 

そんな時代の中でも山本牧場はホルスタインの肉牛を肥育しています(富山県では唯一)。すごい。

高岡市福岡町 山本牧場

 富山県の肉牛関係者のイベントで作ったというレアなTシャツ。

 

肉の部位がいろいろ書いてあって勉強にもなります。

 

 

HITSもなんかTシャツ作ったらどうかな?

 

 

------以下ウシの写真--------

高岡市福岡町 山本牧場
人に慣れているのかあんまり騒ぎません
高岡市福岡町 山本牧場
このふてぶてしい顔
高岡市福岡町 山本牧場
牛タンが見える

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ


にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。

上のバナーをクリックすると、

このHPのランキングが上がります。

1日ワンクリック

What's New

2014年5月8日

メディア掲載のページ更新

「のらのら2014年夏号」に載りました

 

2013年8月31日

メディア掲載のページ更新

富山新聞にキャベツのことが載りました

 

2013年2月15日

メディア掲載のページ更新

 JA高岡の広報誌に載りました

 

2013年2月14日

ギャラリーに写真追加

 

2013年2月7日

メディア掲載のページ

 

2012年12月5日

レイアウト微調整

 

2012年11月16日

 

プライバシーポリシーをフッター部分に移動させました。

 

2012年11月14日

 

プライバシーポリシーを掲載しました

 

2012年11月12日

 

会社案内のページに沿革を載せました。

※沿革の記述にあたりましては、JA高岡国吉支店 山村支店長様に多大なご協力をいただきました。

 

2012年11月11日

 

サイト完成しました!