最近スーパーで売ってる高級とうふってどんな作り方してるんでしょうかね

 大豆の刈り取りが始まりました。

 

 全部で4haほどなので、面積は多くありませんが、収量も品質も高く、順調に作業が進んでいます。



 活性化センターとしても4年ぶりに麦あと大豆に取り組みました。


 収穫直前の大豆はこんな形。


 「大豆って落花生みたいに地中にできるんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、実際はこんなふうに地上部に実ります。

 こちらが大豆コンバイン。

 活性化センターが昔の転作組合だったころからある機械です。

 

  金守さんの厳しいチェックの目が光ります。


 国産大豆の主な用途は、豆腐、納豆、味噌、醤油など加工食品としてみなさんの食卓に上がることになります。


 大豆を加工食品として利用しているのは日本くらいなもので、世界的に見ると大豆は油を絞るための「油料種子」として認識されています。国内で出回ってるサラダ油は主に大豆油となたね油を混合したものです。油にするための大豆はとても安価に取引されているため、海外産がほとんどとなっています。

 よくカロリーベース自給率の低さが世間で話題になるとき、油料種子の輸入に関してはあまり語られていない気がするので、知っておくと自慢できるかもしれません。 高級とうふの作り方は誰か知っている人いたらおしえてください。


What's New

2014年5月8日

メディア掲載のページ更新

「のらのら2014年夏号」に載りました

 

2013年8月31日

メディア掲載のページ更新

富山新聞にキャベツのことが載りました

 

2013年2月15日

メディア掲載のページ更新

 JA高岡の広報誌に載りました

 

2013年2月14日

ギャラリーに写真追加

 

2013年2月7日

メディア掲載のページ

 

2012年12月5日

レイアウト微調整

 

2012年11月16日

 

プライバシーポリシーをフッター部分に移動させました。

 

2012年11月14日

 

プライバシーポリシーを掲載しました

 

2012年11月12日

 

会社案内のページに沿革を載せました。

※沿革の記述にあたりましては、JA高岡国吉支店 山村支店長様に多大なご協力をいただきました。

 

2012年11月11日

 

サイト完成しました!