【4Hクラブ】平成26年度全国農業青年交歓大会 in 愛知県蒲郡市

 昨年の佐賀県での全国4Hクラブ全国交歓大会に続き、愛知県蒲郡市で開催となった、今年度の交歓大会に参加してきました!

 

 前回参加した、佐賀・長崎コースで知り合った友達とも再会し、お互いの近況報告など話しました。

 今回は東海ブロックでの開催なので、愛知県、三重県、岐阜県の3県で視察コースが別れました。

 私と、農業会議の衞さんは岐阜県コースになり、岐阜の先進的な農業についていろいろ学ぶことができました。


 画像は最初の視察先となった、岡崎市の八丁味噌の会社。

 名古屋といえば八丁味噌というほど、有名な八丁味噌ですが、古くからの製造方法を現代でも行っており、大きな樽の中で熟成させる製法をとっています。

 樽の上には重石がのせてありますが、これはすべて職人さんの手作業で行われています。

 こだわりがすごいですね。

 次に訪れた、岐阜県賀茂郡川辺町で原木しいたけにこだわった生産をしている「有限会社しいさけブラザース」では、

 兄弟3人で親父さんが築いた原木シイタケを栽培を拡大し、生産しています。

 生産量は原木の量で年間4万から5万本に及びます。

最近はおがくずなどを利用した菌床栽培が主流となっている椎茸栽培ですが、

 原木栽培は風味や、椎茸本来の美味しさがあることにこだわり、生産を続けています。

 市場には出荷せず、全量自主販路を開拓し、こだわりの椎茸を供給しています。

 

 次に訪れたのは、岐阜県本巣市でミニバラの生産を行っている(有)セントラルローズです。


 2haに及ぶ敷地で年間200万鉢のミニバラを生産販売しています。

 農場全体がオートメーション化されており、省力・低コスト化が実現され、品質生産ともに日本一を誇ります。

 平成13年度に天皇杯も受賞しています。

 まず見学して驚いたのが、ほとんどすべての工程がオートメーション化されているハイテクなハウスです。

 かん水や肥培管理などもすべて機械で行うため、均一に行うことができるそうです。

 

 冬期など日照時間の少ない日は、ライトを照らして日照を確保します。

 


 機械化できない部分の細かい作業などは、パートのおばちゃん達がやっているのですが、和やかな雰囲気で作業されているのが印象的でした。


 省力化に重きをおいているため、パートのおばちゃんたちが軽々作業ができるような仕組みになっております。働きやすい環境づくりも重要ですね!


  高設栽培のように、すべての作業がベアリングのついた代車の上で行われています。

 この高設栽培装置がどんな仕組みなのか、下から覗くように写真をとってみたところ、意外と簡単な仕組みでできていました。

 既製サイズのパイプなどが中心で、ホームセンターで揃えられそうだなーと思ったので、ウチの経営でも生かせるかも。。。

 

 最後に訪れたのはサボテン一筋で日本最大のシェアを誇る(株)岐考園です。10haの敷地に300種類、500万本のサボテンを生産しています。

 社長さんから農業経営者として精神面に関する、素晴らしいお話を聞くことができました。

 一代で会社を築いた社長さんであり、個性的な方ではありますが、経験と実績に基づいた経営論を講義していただき、多くの4Hメンバーが刺激を受けていました。

 

 岐阜県のみなさんには、大変お世話になりました!

来年度は秋田での開催ということで、またお会いできる日を楽しみにしています!

What's New

2014年5月8日

メディア掲載のページ更新

「のらのら2014年夏号」に載りました

 

2013年8月31日

メディア掲載のページ更新

富山新聞にキャベツのことが載りました

 

2013年2月15日

メディア掲載のページ更新

 JA高岡の広報誌に載りました

 

2013年2月14日

ギャラリーに写真追加

 

2013年2月7日

メディア掲載のページ

 

2012年12月5日

レイアウト微調整

 

2012年11月16日

 

プライバシーポリシーをフッター部分に移動させました。

 

2012年11月14日

 

プライバシーポリシーを掲載しました

 

2012年11月12日

 

会社案内のページに沿革を載せました。

※沿革の記述にあたりましては、JA高岡国吉支店 山村支店長様に多大なご協力をいただきました。

 

2012年11月11日

 

サイト完成しました!