農業簿記検定を富山県高岡市の4Hクラブで団体受験した結果。~~3級・2級合格体験記~~

 富山県高岡市の4Hクラブ(HITS)で、2015年11月に農業簿記検定受験を行いました。(3級8名受験。2級1名受験)

 

 農業簿記検定とは、農業の世界にも企業的な複式簿記の導入を促進するという名目で、2014年から始まった農業簿記に特化した検定試験です。

 

 HITS(高岡氷見射水地区青年農業者協議会)では、将来の農業経営者としての資質向上のために、複式簿記は将来の農業経営者が身に付けるべき知識として考え、27年度の活動として取り組みました。

 

 HITSでは、11月の第4回農業簿記検定への合格を目指し、11月初旬から勉強会を行いました。初回の勉強会では高岡農林振興センターの田村班長に講師をお願いし、簿記の基礎・概論について講義をしていただきました。

 その後は市販のテキストを使い、わからないところがあれば、理解の早いメンバーがお互いに教えあうという方式で、勉強を進めていきました。

 

(上の写真は、メンバー同士で教えあっている場面です)


 最終的に3級受験者8名・2級受験者1名となり、団体受験の要件を満たしたため、地元の高岡市農業センターを会場としてお借りすることができました。

 

 

 結果ですが、3級は3名が合格、2級は1名の合格となりました。

 全員合格とはいきませんでしたが、落ちたメンバーからは、「来年度の受験では絶対合格したい」という反応もあり、来年度以降もHITSの活動の1つとして続けていくことになりました。

  

 3級試験に関しては、日商簿記3級を勉強してから農業簿記検定の3級を目指されるのがよいと思います。

 というのも、農業簿記検定はまだ2年前から始まったばかりの試験ですので、テキストも充実しているとはとても言えません。

 内容的には簿記の基礎の部分がほとんどですので、各出版社がしのぎを削って出している日商簿記3級のテキストで学んだほうがよっぽどわかりやすいです。講義DVDとかもありますしね。

 

 初心者の方が農業簿記検定を受けようと思うのであれば、私のオススメ勉強法としては、

 日商簿記3級→農業簿記3級→農業簿記2級

という順番で学習・受験されるのがよいと思います。

  

  HITSのみならず、他の4Hクラブ、農協青年部などの活動で、農業簿記検定を受験しようという動きが、さらに広がってくれれば良いなと思います。

What's New

2014年5月8日

メディア掲載のページ更新

「のらのら2014年夏号」に載りました

 

2013年8月31日

メディア掲載のページ更新

富山新聞にキャベツのことが載りました

 

2013年2月15日

メディア掲載のページ更新

 JA高岡の広報誌に載りました

 

2013年2月14日

ギャラリーに写真追加

 

2013年2月7日

メディア掲載のページ

 

2012年12月5日

レイアウト微調整

 

2012年11月16日

 

プライバシーポリシーをフッター部分に移動させました。

 

2012年11月14日

 

プライバシーポリシーを掲載しました

 

2012年11月12日

 

会社案内のページに沿革を載せました。

※沿革の記述にあたりましては、JA高岡国吉支店 山村支店長様に多大なご協力をいただきました。

 

2012年11月11日

 

サイト完成しました!